ココクロニクル

シンプルに楽しく、日々の生活を攻略していくブログ

自分の「快」に重点を

ミニマリスト」という言葉が浸透して数年、同時期に「断捨離」「こんまりさん」等、一種の片付けブームが到来しました。
ここ数ヶ月、グッズを集めないジャニオタに戻っていたので、家の中は相変わらずシンプルなのですが、少し心境に変化があったので書き残しておきます。

変化1・ぬいぐるみをお迎えした

ふわふわして丸いお目目のものが大好きです。
ですが諸事情でペットは飼えないので「風水的にあまりよろしくない」と言われる、ぬいぐるみをお迎えしました。
ミニクッション大のひよこさんです。
とても可愛い。
帰宅してひよこさんが「お帰りなさい」と言っているようで癒されます。
風水的によろしくないとしても、私の精神が潤います。

変化2・自分の「適量」がわかってきた

衣食住で話すと、衣だけは季節ごとにパターン化できます。
こういうデザインが好き、このブランドは似合う服が多い、この素材は安心する。
プチプラから高級メゾンまで、見て試着してお迎えした結果です。
考えて考えて、挙句やらないのはもったいない。
ある程度考えたら、実践してみようと思いました。
これからは食の適量を考えます。

変化3・「ミニマリスト」にも色んな方がいると実感した

東京で消耗したくない方、もうモノは必要ない方、魔法使いさん。私のブログを読んできた方は全員誰のことかお分かりでしょう。
ブログが好評で、書籍化された方もたくさんいらっしゃいます。
数多くのブログを読んでいて、人一倍敏感なHSPという体質の自分が感じるのは

「自己顕示欲が強すぎる人の文章は、読んでいて疲れる」

ということです。
ブロガーに限らず、作家やライターでもそうです。
「僕/私を見てみて!すごいでしょ!」とアピールするのは大切ですが、本当にアピールするべきは「自分の意見や主張」であり「自分の凄さ」ではないんじゃないかなー・・・と。

今、私がチェックしているのは、以下のブロガーさんです。
元は皆さんはてなブログで知り合ったので、現在はミニマリストと無関係なことを書いている方もいらっしゃいますが、「文章の疲れなさ」と「文章の流れるような巧さ」は太鼓判を押します!(下2つのブロガーさんは、元からミニマリストと無関係です)

ミニマリストによる、暮らしに魔法をかけるヒント集│魔法使いのシンプルライフ

仕事と遊びの質を上げるブログ/ 箱根ヶ崎.com

俺の遺言を聴いてほしい

おのにち

変化4・自己肯定感とかHSPとか結構どうでもよくなってきた

よくなってきたと思ったら、皮肉なことに専門書が最近出てますね。
長沼睦雄先生のシリーズは、所々「へ?」と思う箇所も正直ありますが、ベースが「HSPが楽に過ごせるヒント」をわかりやすく書いているので、オススメです。

敏感すぎて生きづらい人の こころがラクになる方法

敏感すぎて生きづらい人の こころがラクになる方法

 

どうでもよくなってきたのは、実は、ジャニオタに戻ってみて感じたことです。

私は「古参」と呼ばれる、古くからのオタクです。なので「最近のお作法がわからないから、間違っていたら教えてくださいね」と、気軽に聞いています。10年界隈を離れていると、浦島太郎状態なのです。

で、実際にコンサートや舞台を見に行く回数が劇的に増えて、そちらのフォロワーさんとお会いして、一番言われたこと。

「普通の、礼儀正しいお嬢さんで驚きました!!!」

私はツイッターでは、わざと面白い人格を作り上げています。
礼儀正しい、清楚、上品。これらを多く言われることで「ワシはこのままでも十分なところもあるんではないか?」と思えるようになってきました。
もちろん悪いところは直しつつ。

変化5・「オタクの面倒ごとには首を突っ込まない方が楽」だと痛感した

ジャニオタの皆さんならお分かりでしょう。
「お偉いさんの都合での舞台内容まるっと変更」
「開幕してからの演出への過剰な文句→公式への凸」
「6人のグループが、起きたら9人になっていた」
「この舞台嫌いだから見たくないんだけど、チケットあるから行かなきゃ」
書いてて修羅の国としか思えないんですが、これすべて2019年にあった出来事です。
特に最後の「チケットあるから行かなきゃ」は、温厚な私がキレまくった事案です。
オタクの数だけ応援の仕方はあります。
多ステ全ステする方に対しては「お金と時間に余裕があっていいなあ」と思います。
ただ、嫌いと感じた舞台を何度も見に行って、その都度ここが最低でしたとツイートし、演出に「変えろ」と口出しするというのは、あなた何様ですかと問い詰めたい。
シンプルに「嫌い→見ないで他の人に譲る」ってしてほしかったです。

私は、頑張っている人が好きです。
なので、あの事務所で頑張っているタレントさんには、デビュー組、Jrを問わず、皆さんに「努力に見合ったものが返ってきますように」と思っています。

まとめ・自分の「快」に重点を置く生活をする

それぞれの「快」は違います。
大人数のパーティーで騒ぐのが好きな方もいれば、一人でしっぽりと飲むのが好きな方もいます。
ミニマリストを目指してモノを減らしてみたけど虚しい・・という方は、徐々に好きなモノを増やして。
友達付き合いが面倒・・という方は、一人でもできる趣味を増やして。
自分を支える「快」は、一つでも多い方がいいです。