読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの名前を呼んでいいかな

ワクワク人生攻略ブログ

【エンパス・HSP】今、まさにエンパス発動しています【ブコメで質問受け付けます】

リアルタイムでエンパスが発動して、仕事辞めたいと鬱モードに突入しているココです。
プラスの方向に引っ張られるならいいのですが、エンパスは油断しているとマイナスの方向にも引っ張られます。
周りにあるあらゆる情報に引っ張られるのです。
ラジオの番組が3つくらい同時に流れている+ノイズがかかるような不快感です。
エンパスって具体的にどういう状態になるの?という質問をいただいたことがありますが、今なら答えられます。
辛くて仕方ありません。
パッと見、うつ状態に近いです。
ここで自分なりの対処法(私の場合はとにかく「面白いと思うことにフォーカスする」)を試せばまだ沼から上がれます。
面白いブログを何度も読み返すことをやりました。
ツイッターで流れてきた、ロバート秋山さん+広末涼子さんのクリエイターズファイルも見ました。
肩を手で払ったり、柏手を打ったり、簡単なお祓いもやりました。
深呼吸や軽いストレッチもしました。
安定剤にも頼りました。
気を紛らせることは思いつく限りやったのですが、効かないのです。
(何にエンパス発動しているかは特定できたのですが、そこから離れることが物理的に不可能なため、現在悶えております)
そんなわけで。
ブコメで「こう言うときどうなの?」という質問をお待ちしています。
ある程度冷静に答えられる程度のエンパス発動なので、辛いことは辛いですが、答えられる限り答えたいと思います。

【レビュー】「帝一の國」

f:id:cocoquet:20170507194311j:plain

日本一の超名門・海帝高校の学生である赤葉帝一くんが、生徒会長を目指す姿を描いた青春映画。
とだけ書けば爽やかストーリーが思い浮かびますが、高校生なのに賄賂は出てくるわ、派閥争いは出てくるわ、かなりエグい政治風刺も出てきます。
ギャグ漫画が原作なのと、俳優さんの力量で、笑わせる方向に持っていくのがすごいです。

つぼったシーン1・帝一が外部入試用テストを受ける所

外部進学、お坊ちゃん高校なのに奨学金を授与、おまけに人望も厚いイケメン。という完璧な大鷹弾に対して、帝一はライバル心をむき出しにして、教師の好きな作家の展覧会を日本で開かせることを条件にテスト問題とライバルの点数を横流ししてもらいます。
入手したテスト問題を解き、2〜3点差で大げさに喜んだり悲しんだり架空切腹したりします。
帝一役の菅田くんが一番輝いていたと、個人的に思ったシーンです。

つぼったシーン2・マイムマイム事変

自分が推した森園先輩が生徒会長になれるよう、全校放送でマイムマイムを流させます。(どうやら直前まで、マイムマイムを映画内で使えるか、著作権絡みで微妙だったようです)
マイムマイムに参加できないのは、ライバル・ローランド先輩から賄賂を受け取った生徒たち。やましいことはしちゃダメですよ。

つぼったシーン3・ローランド先輩自殺未遂

普通は笑うところではないのですが・・・この映画でこの流れだと笑うことしかできませんでした。

全般にわたって、こんな学校ないだろうと思わせるファンタジー

菊馬の嫌な奴ぶりも、弾の爽やかぶりも、光明の可愛らしさも(志尊くんがそこらの女子より可愛らしいです)、高校生だろうお前ら!というツッコミをしたくなります。いくら舞台が昭和とはいえ、こんな学校ありえません。
私は原作を読んでいませんが、忠実な再現ぶりだという話を耳にします。読みたくなりました。

原作はこちら

読みたくなったので今度漫画喫茶で制覇しようと思います。

映画のキャスト達のインタビューはこちら

ものすごく読み応えのある雑誌でした。買いです!

堂々とすることの大切さを学んだGW・引っ込み思案はいいことないよ!

f:id:cocoquet:20170507182342j:plain

今週のお題ゴールデンウィーク2017」

このブログでしか私を知らない人は、趣味や文体からウェーイ系の派手な人を想像しているかもしれませんが、実際の中の人は地味な外見です。
おまけに引っ込み思案です。
相当直ったと自分では思っていたのですが、GW中にイベントで、多くの方にこのことを指摘されて凹みました。

まさかのナンパに、引っ込み思案を怒られる

お酒代を浮かせるために、ナンパ待ちでバーカウンター近くにいたのですが、自称20代半ばのキチンとした感ありメンズに「楽しんでます?」とナンパというより「注意」されました。
お世辞でも「お姉さん綺麗なんだからもっと威張ったり自己主張していいと思う」と言われました。これがこのメンズ一人に言われただけなら、ここまで気にしてなかったでしょう。
この後2日で、知り合い5人ほどに次々と諭されました。

「もっと堂々としていなさい」と怒られるGW

そんなにビクついているわけではないのですが、私はたまに「存在していることを消す」癖があるようです。そのことを次々と指摘され諭されました。
幸い友達に恵まれているのですが「それはあなたが築いてきた人徳だから、そこに自信持てばいいの!友達にも失礼!」とごもっともなご意見を頂戴しました。

アドバイス通りしてみたら、幸せが向こうからやってきた

私がやったことは「そこにいることが当然と思って動く」ことです。
それだけで人として大好きな方にお酒をおごって頂けたり、憧れの方とお話しする機会に恵まれたり、超絶美人の友人と写真を撮ってもらえたり、前日の「オーラのなさ」が嘘のように消えて楽しかったです。
人には適材適所があると言いますが、あった場所に行って好きなように動いていたら、幸せなことってやってくるものだなと思いました。

そういえば過去、田口ランディさんにも諭されました

大好きな人・ランディさんにも言われた位ですから、私の引っ込み思案・好きな人ほど緊張する体質は相当なものなのでしょう。
しかし1年以上経っても大して直ってなかったので、今回いい加減気づかせる気で、見えない何かが集中して同じことを別の人に言わせたのかなーと、若干スピ系なことを考えたりしました。笑