あなたの名前を呼んでいいかな

ワクワク人生攻略ブログ

ツイッターのDMを送りつける癖があります(副題:依存症とどう向き合うか)

f:id:cocoquet:20170731194346j:plain

本人は「内緒話をしよう」というつもりで送っているわけでもないのです。
以前別アカウントで「それだけリプライ送り合うなら、LINEに移るかDMやれ」といろんな方からdisられたのが軽いトラウマになっており、自分の中で少しでも踏み込んだ話はDMを送るようになっていました。
なおdisられた際の、相手と私のやり取りは、3往復くらいでした。
しかし私サイドからの事情など、他人様にはどうでもいい話です。
数名の方を疲れさせてしまったようなので、改めておわびする次第です。

SNSの使い方は人それぞれ

距離感の取り方については、私も試行錯誤している最中です。

SNSとの上手な付き合い方10選 - あなたの名前を呼んでいいかな

1年前の記事ですが、基本はこの時のスタンスと変わりません。
Facebookはイベント関係リア充ウェーイを保ち、
インスタグラムはやらず、
ツイッターでは好き勝手つぶやいています。
できるだけ会社の昼休みとブログ更新時(20時くらい)にしか見ないようにしています。
通知が来ていたら見るんですけどね。結局起きている間、かなりの時間チェックは入れてしまいます。あかんやつです。

気づかないうちに、人の心に土足で踏み込んでいないか不安になる

その不安は、大体的中します。
やんわりと「土足で踏み込まないでね」とたしなめられます。
そりゃ、ご自分が疲れている時にDMの応酬なんてしたくないでしょう。
自分に置き換えて考えれば痛感します。
たしなめてくださる方は優しいほうで、大体その前にブロックされます。
ツイッター依存だと、我ながら思います。
自分がつぶやく依存ではなく「DM依存」です。

もう物理的に、スマホからアプリを抜くしかないんじゃない?

今、本気でこれを考えています。
簡単にアクセスできるアプリさえ抜けば、いちいちブラウザを立ち上げてアクセスするほどの気力はありません。

他にも依存症になったもの、あります。笑

過去私が依存症になったものやことは、たくさんあります。
それこそFacebook依存になったこともあります。
どう依存から抜けたのか思い出してみると、私と友達になっている方に「実際に会って話す」ことを心がけたのです。イベントに行けば会える。そんな方々に実際会って、自分から挨拶しに行く。話を振る。話しかけられたら乗ってみる。
そんな些細なことを繰り返しているうち「実際会おうと思ったら会えるんだから、SNSに喰らいつかなくてもいい」と思えるようになりました。こう思えるまでに、半年程度かかった記憶があります。

「自立とは依存先を増やすこと」という名言があります

同僚と話し、学生時代の友人と飲みに行き、行きつけのお店に遊びに行き、バンドのライブに行く。こうやって好きなことを増やしていけば、一つ一つへの力量が減ります(普通は)。ツイッターが「趣味の一つです」と軽く言えるようになるまで、趣味を増やしまくるしかないのかなーと、諦めの境地に至っています。
ユーリオンアイスにかなり依存していると思うんですが、足りないのか・・・

依存症を治すには、こちらの本もオススメです

依存症 (文春新書)

依存症 (文春新書)

 

 アダルトチルドレンに関して書かせたら、右に出るものはいないのではないでしょうか。信田さよ子さんのご本です。いわゆる「毒親」のもとで育った方には、信田さんのこちらの本もオススメ。内容はキツいです。

母が重くてたまらない―墓守娘の嘆き

母が重くてたまらない―墓守娘の嘆き

 

 

【レビュー】映画「東京喰種 トーキョーグール」原作を6年読み続けているファンが見ても、かなりいい作品でした

f:id:cocoquet:20170731192305j:plain

ざっくりとあらすじ

どこにでもいる文系もやし大学生・カネキ(窪田正孝)は、喫茶店で一目惚れした女性・リゼ(蒼井優)に今日こそは告白しようと、友人・ヒデ(小笠原海)に後押しされます。
いざ声をかけようとなると、挙動不審になるカネキをヒデが軽くどついたところ、カネキの持っていた愛読書・高槻泉のサスペンス小説「黒山羊の卵」が、いい具合にリゼの目の前に落ちます。リゼは本を拾って「面白いですよね、高槻泉」とカネキに微笑みます。
うまいことデートにこぎつけたカネキは、帰り道にリゼに抱きつかれます。浮かれるカネキの肩を抱き・・・リゼはカネキの肩に食らいついて、カネキを食べようとします。リゼは「人間の姿をしながら、人間しか食べることのできない喰種(グール)」だったのです。痛さと怖さで逃げられなくなっているカネキに、容赦なく襲いかかるリゼですが、彼女の上に工事中の鉄骨が落下。リゼは即死します。
その後リゼの臓器を移植されたカネキは、体の半分が喰種となってしまい、普通のご飯が一切食べられなくなります。代わりに人間を見て「おいしそう」と思ってしまい、そんな自分に苦しみます。
ある時、リゼと会った喫茶店でアルバイトをしている女子高生・トーカ(清水富美加)も喰種だと知り、お腹が空いたカネキは彼女の元に助けを求めに行きます。
ですが生まれた時から人間しか食べられないトーカは、喫茶店で出た余ったケーキをカネキに投げつけて「教えてよ、ケーキってどんな味がするの?ドーナツは?イチゴは?」と怒りをぶつけます。そこに喫茶店の店長・芳村(村井國夫)が現れ、喰種の世界で生きて行く殺人以外の方法を、いくつかカネキに教えます。喰種はコーヒーなら飲めること、喰種の空腹は人間の比ではないこと、他にも色々と。
ある日喫茶店でカネキは、狩り(殺人)ができない笛口親子と出会います。気弱で優しそうな母・リョーコ(相田翔子)と、小学生ほどの年齢の娘・ヒナミ(桜田ひより)。芳村は店員の四方(柳俊太郎)を自殺現場に送り、死体を調達してもらい、その死体の肉を笛口親子のような「狩のできない」喰種に与えることもしていました。カネキも芳村から肉をもらうのですが、良心の呵責で、どうしても食べることができません。でもお腹は空いていきます。この辺りの葛藤が、実写で描くとこうなるのか!というほど、窪田君は圧巻の演技でした。
さて、人間を食べる喰種がいるということは、それを取り締まる警察的組織があるということです。本作では喰種対策局(CCG)と呼ばれます。地方のCCGに、白髪ロン毛の怪しい切れ者捜査官・真戸(大泉洋)と、若くしてエリート街道まっしぐらの正義感の塊・亜門(鈴木伸之)コンビが配属されます。笛口リョーコの夫であり、ヒナミの父である喰種を駆逐し、リョーコとヒナミ母子も駆逐するために。
結果、リョーコはCCGに殺されてしまいます。何もできなかったカネキは、トーカに「何もできないのはもう嫌なんだ」と、トレーニングを申し出ます。
ある程度カネキが動けるようになった頃、真戸はヒナミをおびき出すために、リョーコの死体の一部を切断して置いておきます。嗅覚が人間より優れている喰種は「お母さんの匂い」と、腕の置かれたところへ行ってしまいます。そこには大好きなお父さんとお母さんを殺した、真戸が立っていました。
はい、ここからは映画館でご覧ください!
説明を省いた西尾先輩(白石隼也)とかも出てきますよ!
全然ざっくりじゃないな!!

原作ファンとして、いい改変だと思った所

・カネキと亜門のガチンコバトルの場所を変えた
原作に忠実に、道路を塞いでやってもいいんですが、映画館で見た時に迫力があるのはこちらでしょう。これは賛否両論かな。
・亜門の自主トレ場所を変えた
原作だと家にマイジムを作ってやっている(しかもしょぼい)ので、映画映えすることを考えたら変えて正解かと。
・西尾先輩に血まみれにされたヒデの顔を舐める演出を加えた
最初にリゼが、カネキにキスしたり顔を舐めたりするシーンがあるのですが、エロいどころか怖いです。カネキが親友・ヒデの顔を舐めるシーンは原作にはないので、そうきたか窪田!と怖くて仕方なかったです

原作ファンとして、再現してくれてありがとうな所

・真戸さんと亜門さんが、漫画から抜け出てくれた
大泉さん、鈴木さん、あなた方の演技のおかげです・・・本当にありがとうございます。大泉さんはキービジュアル公開の時点で信じていましたが、鈴木さんがどこまでやってくれるのかと少々不安でした。いい意味で裏切ってくれて、あのでかい亜門を二次元から出してくれて、ありがとうございます。

原作ファンとして、物足りなかった所

・ウタさん・・・出番そこだけ?
確かにこの辺、マスク作る以外に出てこないからわかるんですけど。彼を多く出そうとすると、他の登場人物が一気に増えるので、仕方ないです。
・クインケの説明がないから、原作を知らないと混乱するかも
真戸が持っていた触手のようなクネクネと、亜門が持っていた巨大こん棒みたいなあれは、対喰種用に作られた武器で「クインケ」と言います。仕組みは原作を読んでください。真戸とトーカが戦うシーンで、ヒナミが号泣するのには、これの仕組みが絡んできます。
・なぜ喰種が強いか説明がないから、原作を(略)
これまた原作を読んでください。というか、クインケと喰種の強さについて、3分でも説明があれば、原作知らない初見の人はもっと楽しめるだろうな。

原作はこちらから

映画になったのは1巻から3巻です。どんどん登場人物も増え、トーカに弟がいることや、トーカ姉弟の過去も次第にわかっていきます。この作品のすごいところは、ほぼ1話使って登場人物のバックボーンを書いているので、どのキャラクターにも愛着が湧くところです。 読めば読むほど、人間が正義なのか、喰種が正義なのか、わからなくなります。
あとカネキが白髪になったり、異常に強くなったり、真戸の娘(美人)が捜査官になって亜門と組んだりします。映画ではいい人だったり存在感のなかったあの人が、想像の斜め上に行ったりします。飽きるということが一切ありません。
現在、東京喰種が1巻から14巻で完結、続編の東京喰種reが1巻から12巻まで出ています!見事に伏線を拾ってくる作品なので、ぜひ刊行されている26冊を読んでほしいです!大丈夫だ、銀魂より冊数少ないから!!

公式サイトやアニメもあります

映画『東京喰種トーキョーグール』 公式サイト

TVアニメ『東京喰種トーキョーグール』公式サイト

他にも漫画原作や長めの映画レビュー、あります

【レビュー】「銀魂」いい大人が全力でふざけている、いい映画でした - あなたの名前を呼んでいいかな

2017年は映像化の豊作なんですかね・・・次は亜人と、鋼の錬金術師と、ジョジョの奇妙な冒険が待っています。

【レビュー】「DENKI GROOVE THE MOVIE?」 - あなたの名前を呼んでいいかな

丁寧だと褒められることが多かったレビューですが、こちらとほぼ同じ文字数です!

過去に遭遇した「不倫スタグラム」や「マウンティングインスタ」について思うこと

f:id:cocoquet:20170725190128j:plain

 

本日はこちらの記事への言及です

主婦がドロッドロの「不倫スタグラム」を更新してしまう理由。インスタに広がる「鍵アカの世界」の実態と、インスタ主婦の「マウンティングあるある」戦記 | アプリマーケティング研究所

こんな主婦、周りにおらんわ!というあなた、そのまま平和に生活してください。
私はマウンティングインスタのひどさに辟易し、インスタを数年前にやめました。
つまりこの現象は、数年前から発生しているのです。

ざっくりと記事まとめ

・インスタに鍵をかけて「不倫なう」とか「旦那むかつく」とか、昼ドラ級の泥沼を投稿していく奥様方がいる
・「イケメンの彼氏の顔が映りこむように」写真を撮り、知らぬ顔をしてインスタにアップする独身女性たちがいる
・「指輪を買ってもらいました」と写真を投稿すると、値段が他のインスタグラマーに特定される

こんな感じでした。闇みしか感じませんね。
2番目の「イケメン彼氏マウンティング」を散々見てきた私は、たかがSNSとはいえ、鍵アカウントとはいえ「画面の向こうにHPを削られる人々が少なからず存在する」ことを想像できないバカさ加減に呆れました。
むしろ彼女たちの目的はHP削りなので、私は罠にはまっていたわけです。
他にも「ぼっち飯だと思われたくないので2人前注文し、2人分の食事を撮影して、当然のようにご飯を残す」リア充気取りや、「実家で飼っている犬や猫と戯れている可愛い私を撮りUPし、実際その子たちの世話は親御さんがしている」リア充気取りなどがいるそうです。
書いてて胸糞悪くなってきました。

私がインスタをやめた経緯は以下です

ある日、重度のマウンティングを目の当たりにしました。
「いいでしょー!あんたにはこんなことできないでしょー!」と全力でマウンティングしてくる女性数名(多分意識的)を見て、泣きそうになりました。
しかし、こんなバカな人をフォローして友人のふりをして、何の意味があるのか・・・と更に虚しくなり、インスタ自体も虚しくなり、結果やめました。
どんな写真でマウンティングされたか、詳しく書くと身バレするので書けないのが無念。
写真を見ること、撮ることはもともと好きなのですが、自己顕示欲のぶつかり稽古を見せられても「それで?」としか思えません。

そういう経緯があるから、今回の不倫スタグラムは「ネタではなく実際にある確率が高い」と思うのです。実際マウンティングは、インスタに限らずFacebookでもツイッターでもしている人、たくさんいるじゃないですか。よく知らんけど。

闇インスタをしている人へ

虚しくなりませんか?
あなたの心の隙間って、きっと闇インスタじゃ埋まりませんよ?
鍵アカウントで「本音を話している」ように感じても、その裏では「あの子痛いよねー」とか陰口叩かれている可能性が大きいですよ?
たかがSNSです、少し離れてきちんと「1人前のご飯を食べて」「犬猫の可愛らしさに頼らずに」ご自分の魅力だけで勝負してみてほしいと思うのです。

他にもマウンティングについて書いた記事、あります

ヒエラルキーの上位に食い込む方法と個人的おすすめブランド - あなたの名前を呼んでいいかな

私はこれを書いた2年前、人から見下される、馬鹿にされるのがデフォルトでした。
当時より自己肯定感が育ったため、初々しいなーと思って、たまに読み返している記事です。なので、この記事にリライトは入れていません。