あなたの名前を呼んでいいかな

ワクワク人生攻略ブログ

夏フェスの持ち物チェックリスト【ライジングサン特化ぎみ】

屋外で24時間以上過ごすという事を、改めて考えてください。
おのずと「あなたの必需品」がわかると思います。
以下、自分(アラサー女・徹夜組)の必需品・あったら便利グッズを列挙するので、参考になれば嬉しいです。
一緒に朝日みようぜ!

f:id:cocoquet:20170706052232j:plain

公式サイト:RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO

絶対に肌身離さないリスト

これらをポシェット、ヒップバッグ、RSRパスケース等に入れて、持ち歩いてください。
リュックは後ろのお客様に邪魔なので、ご遠慮ください。

□チケット
入場時に、リストバンドに替えられます。
入場券はもちろん、車の方は駐車券、バスの方はシャトルバス券も必要。
入場できたからといって、チケットは捨てない事。
リストバンドを落とした時に、物的証拠になるので、RSR終了までは持っていましょう。

□現金
グッズを買わなければ、食費は1万あれば十分。
小さいお財布やミニジップロックに入れ替える事をオススメします。

□携帯電話・スマートフォン
ライフラインです。これがないとお友達とはぐれること受け合い。
ソロプレイで来ているあなたも、文明の利器がない不自由さに泣く事間違いなし。
絶対に充電器は持参せよ!現地で買うと高いぞ!!

□見たいアーティストのタイムテーブルや、トイレ場所を書いている地図
RSRでは配付されますが、こればかりはフェスによる。
心配性なあなたは、どのフェスでも、公式サイトから印刷しておきましょう。

□レジャーシート
RSRでいうところの「レジャーサイト」でひいて使う。
自分の「基地」を作っておくと、そこでマターリできます。
日帰りでも絶対持っていってねーーー!

□キーホルダー式のミニLEDライト
夜道のステージ間移動が怖くありません。首から下げたりバッグにつけましょう。
「キーホルダー ライト LED」と検索すると安価で沢山ヒットしますし、百均にもありますし、ドンキにもあります。

□フェイスタオル
首から1枚下げるのも忘れずに。冷水で絞ると、熱中症対策にもなります。各企業がノベルティで配りまくってるので、現地でも調達できるんですが…
サッカーの細長いタオル(タオルマフラーという)がサイズ的に便利ですよ!
柔らかい素材ならストールのように巻くこともできます!

 □防寒用長袖
ウィンドブレーカー、薄手のシャツ、意外と役立つのがアームウォーマー。
暑くなればウォーマーだけ取ればよし。海沿いの、北国の夜をなめたらいかん。

□身分証明書
そういやRSRって、夜通しイベントだったんだわ…と気づいて追加。童顔の方、二十歳前後の方は必ず持って行ってください。

あったら便利リスト

これらはリュックなりに詰め込んで、適宜使用して下さい。

□常備薬
持病がない人でも、胃薬と風邪薬位1回分はあった方がいいかと思われます。

□絆創膏
靴擦れや不測の怪我に備えて!

□日焼け止め
焼けたくても持参しろ!

ベビーパウダー
男子も持参しろ!汗ばんだ肌がサラサラ清潔になります。プレストパウダー形状のものが持ち運びしやすいので、オススメです。

□冷えピタ・貼るカイロ

なければいっそのこと、温冷湿布でもいいと思います。

□フェイスタオル3~4枚
おしぼり、熱中症対策、暖を取る、雑巾…と幅広く使えます。

□雨合羽
百均ので可。なければ大きいゴミ袋でも可。

□大きいゴミ袋・スーパーのレジ袋数枚
夜露や雨風から荷物を守れたり、汚れた着替えを仕分けできます。

□ミネラルウォーター2リットル
会場は高いです。水分の効率よい補給のために、要確保。

□塩飴
多分、会場には売っていません。

□ウェットティッシュ
体や顔を拭き、食事前にはおしぼりにもなります。

□替えの靴下
替えの服より快適ですよ。泊まる人は着替えも忘れずにね。

おすすめの服装

夏フェスだからといって、浮かれた格好はしないように。

特に女子が泣きを見る服装は
・マキシワンピ(裾がどろどろになります)
・オールインワン(トイレで困ります)
・ショートパンツ(虫に刺されます)
・足に優しくないサンダル(まさかいないとは思いますが…)
・頭てっぺんのおだんごヘア(後ろの人の事を考えよう)

この服装でモッシュピットに突入されても、どうもならん。
山ガール(笑)的な服装が一番機能的かと思います。
男女問わず、髪を一本結びできる長さの人は、おだんごとかポニーテールとかツインテールではなく、低めの横流しで結んでください…
基本は「スタンディングの、激しめのライブに行く服装と同じ」でかまわないと思います。
自分の場合「Tシャツ+カーゴパンツ(orマキシ丈程長くないスカート)+スニーカー(or長靴)」です。そこに24時間対応の「防寒着」等をプラスすればよいです。
温度調節できるように、半袖を着ていき長袖のはおりものを持参するとよし。

日焼けを最大限防ぐ方法

□ウェットティッシュで顔や体を拭く
□水分不足を防ぐため、保湿成分入りの化粧水をつける
□日焼け止めを塗る
ベビーパウダーをはたく
+化粧が必要な女子は、この行程後に薄化粧する
ミネラルパウダーがおすすめです

□の4つは老若男女問わず、やってください。
見たいステージの間や、ビール飲んで一息ついた後や、とにかく気づいたらやる位!でもちょうどいいです。日焼け止め以外にも、汗ばんだ体のクールダウンになりますよ。
やったおかげで、RSR最終日までの徹夜ができましたw
こちらの日焼け止めは敏感肌・赤ちゃん・お子様でも使えるオーガニックものです。毎日愛用してますが、全身に使え、かつ日焼けしないのでオススメ。

モッシュピットにおける注意点

モッシュピットとは「おしくらまんじゅう」状態になっている、恐ろしくも楽しい場所のことです。
自分は2010年のビークルで、ここに突っ込み、ライブ慣れしているにも関わらずぶっ倒れました。
(今までは倒れても助けてくれる人ばかりだったんですが、この時のビークルは解散直前だったので、お客さんもテンションが違った)
ということで…初心者のレディースアンドジェントルメンはできるだけモッシュピットには近づかない方が良いと思います。
噂によると女性が痴漢されるとか、それ以上の犯罪行為にあうとか、男性もケータイ壊れたメガネ割った…色々と被害を聞いています。
少なくても、酸欠にはなります。

心構え

基本、フェスでしか食べられない・飲めないもの以外は、持参した方が安上がり+移動が楽です。
特にミネラルウォーターと塩飴は必須。
とはいっても、持ち込み禁止になっているものもあるので、事前に公式サイトで確認につぐ確認をしましょう。
RSRは瓶缶の類が持ち込み禁止のはずです。

他にもフェス関連の記事、あります

RSR(ライジングサンロックフェスティバル)の効率的かつ有意義な楽しみ方、お教えします - あなたの名前を呼んでいいかな

ULTRA JAPANで役立ったアイテムはこれだ! - あなたの名前を呼んでいいかな

広告を非表示にする