読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの名前を呼んでいいかな

ワクワク人生攻略ブログ

オサレ空間が怖いあなたでもできる!美容室攻略マニュアル

オシャレ オシャレ-美容 人気記事(はてブ5超え)

f:id:cocoquet:20150728121854j:plain

*今回の記事はこちらへの言及です。結論としては「どっちでもいいw」ただし「○○さんがモテると思う髪型にして♡」と依頼した結果は、オサレ男子に超好評でした(本当)

choudoiisaizu.hatenablog.com

この順番で行けば大丈夫です!

行く前にすること

1・お財布と相談して予算を決める

札幌基準ならフルカラー+カット+シャンプーブローで「新規価格10000円程度」だと失敗しません。

2・行く地域を決める

この時に「丸の内系のOL風になりたい♡」なら彼女達が行きそうな美容室が集まっている地域にします。札幌の場合は選択肢が狭いのでやりやすい。

3・目の前の電子端末でホッ○ペッ○ービュー○ィーにアクセス

4・行きたい地域にある美容室から、予算に合う美容室を選ぶ 

5・どんな雰囲気のお店か、どんな美容師さんがいるのかを、紹介ページを読む

私は「一人の美容師がカウンセリングからシャンプー、カットカラー、全てをやってくれるお店」の方が、経験上仕上がりに満足がいきます。大型店だと、シャンプーはアシスタントさんがやる場合が多くて落ち着かない。

6・男性美容師がいいか、女性美容師がいいかを選ぶ

私は3年位、同じ男性美容師さんに切ってもらっています。お互いのプライベートも知っている仲になりました。ここまで打ち解ければオーダーはすっごく楽です。

もし別の方に髪を切ってもらうとしたら、男性女性問わず

・私の好みのオシャレをしている人(BEAMS、アローズを着こなしてる感じの男女が好きです)

・話を受け止める器量のある人

・髪や美容のことを、的確に突っ込んでくれる人

・一人でシャンプー、カラー、カット、パーマ全てを担当してくれる人(お店)

がいいです。

 

実際サロンに行ってから

7・なりたい髪型の写真を持っていくべし

前述の友人美容師曰く「言葉で伝えにくい場合は、写真がある方が断然伝わる」そうです。私が「井川遥になりたい」と無茶ぶりをしたときも「いつの井川?写真見せて?」と無茶ぶりで返される。数枚見せた所「この頃のなら、髪の長さ同じだしパーマかけて再現できるし、ココさんに似合うと思う」と、1枚の写真をさして言われました。どんな無茶を言っても笑いませんからご安心を。あなたの美意識を笑うような美容師はダメです。

8・別に美容師さんと話したくて行くんじゃないんだからねっ!

彼ら彼女らは「髪を綺麗にするお仕事」です。なので基本スペック以外は話さなくても、美容師さん達は「話したくないんだなー」としか思わないそうです。逆にどうしても返してほしい質問は、友人曰くこちらの3つ。「内」が上辺トーク、(内)は美容師の本音です。

・「お仕事はどんな事されてるんですか?」(銀行や市役所の窓口がギャル髪ならだめでしょう…)

・「今日はこれから遊びに行かれるんですか?」(遊びに行くならワックスでセットするし、帰るならすぐ眠れるようにセットしません)

・「普段セットはどうされてますか?」(巻ける技術のある人ならパーマかけなくてもいいし、ない人ならパーマでウエーブ作ります)(朝ブローする時間もテクニックもなかったら、セットしなくてすむような髪型にします)

9・再現の仕方はきちんと聞きましょう

毎日スタイリングしてくれるわけではありません。スタイリングのコツをわかるまで伝授してもらいましょう。サロンが勧めるヘアケア製品も、モノによっては買っていいです。(あまりにしつこく売りつけるお店はNG)

10・美容室に行く服がないというあなたへ

部屋着ならまだしも、通勤通学に使っている服ありますよね?それでOKです。なりたい髪型にしてもらってから「こんな感じになりたいんですけど」とお洋服を見に行った方がいい服に会えます。

オススメ記事
▶︎初めましての方に10記事用意してみました
▶︎はてなブログで「無料で」行った7つのカスタマイズ
▶︎健全なクラブ紹介システム、はじめました
▶︎【ミニマリスト】2泊3日・東京旅行への最小限持ち物公開

広告を非表示にする