読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの名前を呼んでいいかな

ワクワク人生攻略ブログ

三が日も終わるけど「大祓」って年末行事知ってる?(神社の正しい参り方つき)

メンタルタフネス メンタルタフネス-自分を高める

f:id:cocoquet:20160102215632j:plain

大祓って何?読み方は?

「おおはらえ」「おおはらい」と読みます。
毎年12月31日に、全国各地の神社で行われる「1年通してのお祓い」です。

祓は浄化の儀式として宮中や神社で日常的に行われるが、特に天下万民の罪穢を祓うという意味で大祓という(Wikipediaより)

大祓 - Wikipedia

具体的にお祓いってどんな感じ?

人型に切ってある半紙にお名前・数え歳を書き、体をさすり、息を吹きかけることで、自分の1年の穢れを人型に移します。それを後々お祓いして下さいます。
この人型は、12月31日の14時くらいに、全国各地の神社に行けば頂けます。
(前年に頂いた方は、授与時に住所名前を書くので、12月中旬に神社から送られてきます) 

流れを簡単に説明

14時頃、人型の配付が始まります。
同時に大祓時に使う、中に切った紙が入った半紙の袋が配付されます。
(こちらは儀式中に使います、人型は儀式前に上記のことを行い、所定の場所にお渡しします)
人型はお祓いをした後、海に流すとのことです。

人形代(ひとかたしろ)に息を吹きかけ、また体の調子の悪いところを撫でて(このようなものを撫物(なでもの)という)穢れを遷した後に川や海に流す、ということが行われている。(Wikipediaより)

15時、大祓の儀式が始まります。「今から○○を行います」と宮司さんが司会進行をしてくれるので、それに従って行います。
まず宮司さんが、全体をお祓いして下さるので、軽く頭を下げます。
次に宮司さんの、大祓詞の奏上(唱える)が始まります。長いです。測ってみたら5分ありました。実はこのような理由から、大祓詞は通常の祝詞より長いのです。

世俗的な罪とは異なり、祓い清めるには普通の祓式で用いる短文の祓詞(はらえことば、のりと)ではなく、長文の大祓詞を奏上、あるいは宣(の)り下して浄化する(Wikipediaより)

大祓詞の奏上が終わったら、開始前に配られた「紙が入った袋」を開けます。
紙を体にパラパラと降り、その後人型と同じように袋で「体をさすり、息を吹きかけ」ます。
大勢の参拝客がいるので、宮司さんたちがいる所まで、授業中に手紙を回すようにリレーします(若い子わかるかな・・)
ここまでで所要時間30分。真冬の外なので寒いです。どの地域でも厚着必須です。
最後に宮司さん達が本殿に入り、再度お祓い+お話をして下さいます。
終わったらお守りとお菓子を頂けます。
全ての所要時間、大体45分。
結婚式やお祓いの時しか入れない本殿に入れたり、お守りやお菓子を頂けたり、後日大祓に参加した方へお札が送られてきます。

f:id:cocoquet:20160102222545j:plain

f:id:cocoquet:20160102222608j:plain

この行事を紹介する理由

初詣に行く方は多いと思います。
「○○できますように!」と煩悩たっぷりの思惑で行く気持ちもわかります。
ですが大祓は「1年の自分を反省し、向き合う儀式」です。
かなり神聖で真面目な気持ちになれます。

神社参拝の基本的マナーと心構えを紹介

「あなたが大好きで尊敬している人のお家に初めて伺う」と思ってください。

その人に失礼な服装はしていかないですよね?
それが「手水舎で清める」ことになります。
やり方はこちらを参照ください。柄杓に口をつけたらダメですよ。

お家のチャイムを鳴らしますよね?
チャイムを鳴らす行為が「鳥居の前で一礼する」ことになります。
家の中を無礼に歩き回ったりしませんよね?
それが「参拝道の両端を歩く(中央は歩かない)」ことになります。
お部屋に入るとき、ノックしますよね?「今日は招いてくれてありがとうございます」って言いますよね?
それが拝殿の前で「二礼二拍一礼する」ことになります。
神様=「大好きで尊敬する人」と変換すると、色んな決まり事は「神様へのマナー」だとわかります。

おみくじの生かし方

引く際に「○○するために今私がすべき事は何でしょうか?お教え願います」等、神様に質問をしてから引くと、かなりの確率で痛いところを突いたおみくじが引けます。
おみくじで見るべきところは、大吉か小吉かではなくて、その上ないし横に書いてあることです。

心をかたくもって、一時の不運にあわてさわぎ思いまよってはいけません。本業をよくまもって静かにときの来るのをまちなさい。開運うたがいありません。

このおみくじなら、引用の部分が、神様からのメッセージです。下の「願事」「待人」はそれぞれを上のメッセージに当てはめています。
「気ながくすればととのう安心せよ」とか、「あわてず心をつかめ」とか。
初詣は別のメッセージを頂きました。

f:id:cocoquet:20160102224533j:plain

まとめ

神社は堅苦しいところではなく、大好きな尊敬する方(神様)とお話ししに行く場所です。
だからそこそこきちんとした服装で行くし、手水で清めるし、お願いする前に「まずはあなた(神様)と会えて嬉しいです、いつも見守ってくれてありがとうございます」の気持ちで参拝します。
尊敬する人に「今度これやってください!」とお願いばかりは、できませんものね。
これを機会に、気軽にかつきちんと、神社に参拝する方が増えたら嬉しいです。

オススメ記事
▶︎初めましての方に10記事用意してみました
▶︎はてなブログで「無料で」行った7つのカスタマイズ
▶︎健全なクラブ紹介システム、はじめました
▶︎【ミニマリスト】2泊3日・東京旅行への最小限持ち物公開

広告を非表示にする