読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの名前を呼んでいいかな

ワクワク人生攻略ブログ

「経験したこと」に勝る記事はない

f:id:cocoquet:20150911175931j:plain

「過去の自分に何を言ってあげたいか」を意識すれば、毎日記事は書ける

昨年のブログ勉強会で、講師のキヨシさんがおっしゃっていた言葉です。
自分の過去記事や、反響の大きかった記事を振り返ってみると、この言葉の通りだなと思ったので、まとめてみます。

ブクマ数から見る反響の大きさ

 

 

 

この4記事は、すぐにホッテントリ入りしたものです。
いずれも「自分が経験したこと」「自分が苦しんでいたことへのヒント」をもとに書いています。
しかし、最もブクマ数が多い電話メモ記事は、30分で書き上げたものです。
メモを取るたびに「読めない!」と言われていた過去の自分に、
「どうしたら助かる?どんなヒントが欲しい?」と問いかけた結果、天から言葉が降りてくるという状態を経験しました。
批判的なコメントが一切なかったのが驚きましたが「それだけ電話メモで困っている人が多い」証拠かもしれません。

ブクマコメントから見る反響の大きさ

 

この2記事は、レビューが丁寧・愛情に溢れているとお褒めのコメントを頂きました。
作品自体が愛情に溢れていると、見る側も愛情を持ってレビューを書きたくなるものです。
私にしたら「いい作品を見せてくれてありがとうございます」を言語化しているだけなので、書いていてドーパミンが出まくっています。

この記事は長年苦しんできた「エンパス」という特異体質について書いたものです。
エンパスという概念を初めて知った、というコメントを頂いて、シリーズ化しようと思い切れました。
超能力ではなく「他の人より敏感、察する能力が高い」体質を経験したからこそ書けると思っています。
スピリチュアルに特化することなく書けるのは、私の得意とするところです。

まとめ

最初はミニマリストブログとして始まった当ブログですが、こうして反響のあった記事を見返すと、ミニマリストに関係した記事でバズったものはありません。
私の場合は「先天的なミニマリスト」のため、他の方が経験するような「捨てる苦しみ」を知りませんし、書けません。書いても説得力のない記事になると思います。

オススメ記事
▶︎初めましての方に10記事用意してみました
▶︎はてなブログで「無料で」行った7つのカスタマイズ
▶︎健全なクラブ紹介システム、はじめました
▶︎【ミニマリスト】2泊3日・東京旅行への最小限持ち物公開

広告を非表示にする