あなたの名前を呼んでいいかな

ワクワク人生攻略ブログ

CLASSYでも「服の少数精鋭」特集が組まれたことに、驚いているミニマリスト

コーディネートがうまくいかないのは、いらない服が多すぎるから?
オシャレを変えるワードローブ超整理術!

この煽りコピーを読んだ時に「これCLASSYだよね?ぼくモノじゃないよね?」と二度見しました。 ぼくモノはこちら。

 CLASSYに話を戻すと。
読者に「服を何枚持っていますか?」というアンケートを取ったところ
「〜80枚」が「23%」、「〜120枚」が「46%」とのことです。
残りの方々はもっと持っているということです。

本誌では読者の300枚強の洋服を、100枚近くまで厳選します

「お気に入りの洋服がくたびれるのが怖くて、似たような洋服を保険買いするが、結局着るのはお気に入りばかり」という読者へ。
スタイリストさんは「着倒していいんです。流行は数年で変わるから、流行ってるうちにたくさん着ましょう!」とアドバイスして、保険買いした洋服を断捨離して、本命の子だけを残します。
お洋服は鑑賞するためだけじゃなく「身にまとう美術品」なのですから、 着たいと思った時に着るのが正解。
だからこそ、お気に入りの子には、天寿を全うしてもらうごとく大活躍していただきます。値段ブランド問わず、私の手元に着たお洋服は、全て使い倒します。
保険買いもしません。

大学生に間違われた読者の、少数精鋭イメチェンも面白かった

可愛い系のお洋服が好き+小柄で華奢な外見=大学生に間違われたのでさすがに大人っぽくなりたい・・・という読者を、ユニクロGAP無印という「シンプリストミニマリスト御用達ブランド10着」でイメチェンさせる企画も面白かったです。
私も持っている無印のボーダーTシャツ(1000円)は、お値段以上の価値があります。
10着・約5万円でイメチェンさせてしまうのは、さすがプロのお仕事です。

CLASSY.(クラッシィ) 2016年 03 月号 [雑誌]

CLASSY.(クラッシィ) 2016年 03 月号 [雑誌]

 

こちらから買えます。
久々に面白いファッション記事を読ませていただきました、ありがとうございます!
私の脳内を、プロ編集者さんたちが書いたらこうなるんだろうなーと、ワクワクしながら読みました。

この記事を書いてる人(30代会社員・私服通勤ミニマリスト)の所有枚数

50枚ジャストです。
下着やヒートテック、パジャマ等は含めません。コートは含めています。

他にもお役立ち記事、あります

【ミニマリスト】自宅のモノの多さに圧倒されたので、改めて断捨離してみた - あなたの名前を呼んでいいかな

 

広告を非表示にする