あなたの名前を呼んでいいかな

ワクワク人生攻略ブログ

まだ毛玉取りで消耗してるの?(画像ありグロ注意)

色んなブログ等で「これの吸引力半端ない」と聞いてはいましたが、とうとう愛用のストールが毛玉だらけになったので、試しに使ってみました。

使用前(上)と使用後(下)

f:id:cocoquet:20160204215944j:plain

上部についてた、モケモケがなくなっているのがお分かりになるでしょうか。

トール一枚で取れた毛玉の量(グロ注意)

f:id:cocoquet:20160204220059j:plain

質量比較のためにiPadを置いてみました。コーヒーカップ一杯分くらいです。
どれだけ毛玉にまみれて暮らしていたのか、寒気がします。

使い方

こちらは「コードでつないで動かす」タイプの毛玉とりです。
コードって引っかかりそう、と思ったあなたへ。コードが2メートルもあるので、アイロンをかける感覚で毛玉とりができました。
(同じメーカーから電池式も出ていて安いので、私ほど大物の毛玉を取らない方は、電池式でもいいと思います)

メリット1・コード式なので馬力が続く

一度やり始めると「もっとやりたいんじゃあ!」となる私のようなタイプには、コード式をお勧めします。
毛玉が一杯にならない限り、ずっと動いてくれます。

メリット2・毛足の残し方が選べる

カッター部分に調整ダイヤルがついていて、毛足を残してふんわり仕上げるか、短く刈ってしまうかを選べます。
私は今回、一番短く刈れるダイヤルでストールの毛玉をとりましたが、
モヘアのセーターとかなら「ふんわりしあげ」ダイヤルが役に立ちそうです。

メリット3・捨てようと思っていたお気に入りの衣類が蘇る

これが一番のメリットだと思います。
前述のストールを捨てるか悩んでいましたが、ストール1枚位の価格で毛玉が取れまくり、新品同様に戻ってくれたので、まだまだ使います。

メリット4・謎の多幸感(笑)

アイロンがけや大掃除をやり遂げた後のような、謎のハイテンションになれます。

他にもお役立ちの記事、あります

洋服の断捨離にも管理にも役立つアプリ「XZ(クローゼット)」を紹介します - あなたの名前を呼んでいいかな

 

広告を非表示にする