読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの名前を呼んでいいかな

ワクワク人生攻略ブログ

突然ですが目の手術をしてきます(整形ではない)

メンタルタフネス メンタルタフネス-自分を高める オシャレ オシャレ-美容 人気記事(はてブ5超え)

f:id:cocoquet:20160224210849j:plain

私は「眼瞼下垂」(がんけんかすい)という、目の周りの筋肉の病気です。
初めて聞いた方も多いと思うので、どんな病気か説明します。

こちらのまとめが一番わかりやすかったです。
簡単に言うと気合を入れないと、目が開かないのです。見えないので目を開こうとすると、おでこにシワが寄ります。

健康な一重・奥二重とは違います

まず、目が開きません。開いても前述の通り、おでこに不自然なシワ。
健康な方と比べて、視界が狭いです。
視力が悪い方が、矯正なしでものを見るときにしかめつらをするのを思い出してください。あんな感じの表情になります。本人もすごく見えづらいです。
下図の「軽度下垂」状態に近いです。二重なんだけど腫れぼったい。

f:id:cocoquet:20160224210343g:plain

術後の見た目は完全に「二重の整形」です

手術方法は全く違うのに、出来上がった顔面は「美容整形で二重にした目」になります。
眼瞼下垂は筋肉が衰えるのを、糸で持ち上げ、視野を広くしましょうという手術のため、健康保険が適用になります。大体5万円前後です。
比べて美容整形の二重だと、埋没法でも10万超え、切開だと30万はいきます。
そのため、下垂ではない一重の方には「保険が効くなんて羨ましい」と言われますが、こちらは病気です(本当に見えづらいし、無理に見ようとして毎日偏頭痛だし、肩こりもひどいなんてレベルではないです)

ちょうど居住地に、下垂手術の第一人者がいました

住み育った札幌で診察を受け、間違いなく下垂ですとの診断を頂戴しました。
しかし札幌と居住地は離れています。日帰りできる距離ですが、手術後はできれば1泊して安静にしてほしいとのこと。それに、抜糸等で通わなければいけません。
札幌の外科医はカルテの住所を見て「ここなら○○病院に△先生ってすごく上手な人がいるから、紹介状書くよ?」と言ってくれました。
外科医同士の紹介は、嘘がないので好きです。

というわけで、後日手術レポを書きます!人生すべてネタ!!

こちらもご覧ください▶初めましての方に10記事用意してみました

こちらもご覧ください▶︎健全なクラブ紹介システム、はじめました

自己愛を健全に育むためには▶︎【レビュー】恋愛障害 どうして「普通」に愛されないのか?

広告を非表示にする