読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの名前を呼んでいいかな

ワクワク人生攻略ブログ

「褒め言葉」を素直に受け止められるようになりたい

メンタルタフネス メンタルタフネス-肩の力を抜く 人気記事(はてブ5超え)

f:id:cocoquet:20160413211852j:plain

ミニマム文化祭でやたらと褒められました

私は、努力して身につけた能力について褒められるのは、割とすんなり受け入れられます。今回、音響をさせていただいたのですが、それについてのお褒めの言葉は「ありがたい・・」としみじみ思いました。
逆に苦手なのが、元々できることについて褒められることです。あと外見を褒められると、正直居心地が悪くなります。

褒められる育ち方をしなかった弊害かも

私の家族は、テストで95点を取ったら「5点がどうして取れなかったかを考えて、説明してみなさい」と言う人達の集まりでした。
水泳で10キロ遠泳できるようになっても、ピアノで全国コンクールに出ても、一切褒められた記憶はありません。「それだけ努力したからできて当然」という感じで、結果に対しては認めてくれました。
代わりなのか、教師や周りの大人達(友人のお母さんなど)にべた褒めされることが多かったです。

こういう育ち方をすると、二極思考に陥る

「白か黒か」「0点か100点か」「正義か悪か」世の中にはグレーゾーンがたくさんあると頭でわかっていても、他人のグレーゾーンは許せても、自分は常に完璧でいなければならぬ、完璧で当然と思うようになりました。
大人になってからも、親から自立してからも、痩せたことでちやほやされた経緯から「外見至上主義」になり「拒食症」になりました。一般的にはこれらの過程は、思春期から20代半ばに通る道です。

ブログ上で絡んでいた人と実際にお会いして

私はSNS上で「社交的」を全面に出しているつもりですが、実際はそこまで社交的ではありません。美意識が高いような記事も書いていますが、実際は病気で食事が摂れないだけです。
ぶっちゃけ「こんなデブでブスのババア、幻滅されるんだろうな」と思っていました。
蓋を開けたら、上記のように思っていた方もいらっしゃるでしょうが、それを言わない大人の集まりでした。
代わりにコンプレックスの太い脚を「美脚」と褒められて、かなりテンパりました。

他に褒められた言葉たち

・話し方が柔らかい
・仕草が可愛らしい
・ずっと歯を見せて笑っているのがすごい
・一緒に仕事がしたい
・気配りがすごい
・見た目が実年齢よりかなり若い

褒められることに慣れていない自分には、これだけ覚えるので精一杯でした。
すみれんたる中も指摘されたことですが「自分へのハードルが高すぎる。気配りしすぎ」と言われても、どの程度が普通の気配りなのか正直わからないのです。

まとめ

まずは褒められたら「この人はそう思ったんだ」と、お相手の意志を尊重することから始めます。

オススメ記事
▶︎初めましての方に10記事用意してみました
▶︎はてなブログで「無料で」行った7つのカスタマイズ
▶︎健全なクラブ紹介システム、はじめました
▶︎【ミニマリスト】2泊3日・東京旅行への最小限持ち物公開

広告を非表示にする