あなたの名前を呼んでいいかな

ワクワク人生攻略ブログ

【ネタバレあり】滝沢歌舞伎2016に行ってきたよ!

デビュー前からファンの滝沢秀明さんが座長、デビュー前からファンの三宅健さんがゲストという、俺得の極みな舞台「滝沢歌舞伎2016」に行ってきました。

f:id:cocoquet:20160510072301j:plain

会場は新橋演舞場

初めて歌舞伎専用劇場に行きました。花道の作り方が、通常のホールと違って左側にしかないので、席を選べる公演なら「どの席で見るか」というワクワク感も味わえます。
私は2階席でした。花道の演出が一部見えない席でしたが、モニターが付いているのでそちらで十分楽しめます。

f:id:cocoquet:20160510072013j:plain

お弁当や写真販売もあります

その名も「滝こみ(炊き込み)ご飯」2種類あり、私が選んだ方は「白だし炊き込み」と「蟹飯」になっていました。これを開演前や幕間に頂きます。おかずも上品な薄味仕立てで、全て美味しかったです。2種類とも1500円。レベルが上のお重になると3000円くらいです。
写真は通常のジャニコンのように、5枚入り800円のものや、ステージフォトも販売されていました。

f:id:cocoquet:20160510072053j:plain

歌舞伎を見に行く仕様か、ジャニコンに行く仕様か?

さほどステージから近い席でなかったのですが、やはり舞台鑑賞マナーについて考えました。下調べをしたら「上品なジャニコン仕様」で良さそうです。うちわやペンライトは禁止ね。
ここ数年、コンサートより舞台の方が見に行く機会が多かったので、心構えはそれと同じで大丈夫でした。

三宅健さま、初日に足親指を骨折

全治3か月(舞台は2か月)ワイヤーアクションがあったであろう箇所が、かなり変更されているようでした。骨折しているはずなのに、ダンスは(私の目からは)「少し緩めに踊っている」程度でした。骨折のことを忘れている方もいらしたのでは。

気になる内容(ネタバレ含む)

前半と後半に分かれます(間に30分休憩あり)
前半は滝沢ショータイム、後半は鼠小僧をモチーフにした小芝居。
どこが歌舞伎なんだと思ったあなたへ、前半のショータイムで10分くらいオリジナル歌舞伎を演じます。
前半のショータイムは、Jrやダンサーをフルに使い、ワイヤーで客席まで飛ばれる滝沢様。歌う踊るワイヤー使うセグウエイ乗る。演出の多さにお腹いっぱいです。
すごいなと思ったのが、ワイヤーアクションって、体幹の筋肉がしっかりしていないと、吊られている時にぐらつくのですが、滝沢様のぐらつきが一切なかったこと。
手の先まで神経を集中させていたのが、大変印象的でした。
ジャニーズに慣れている人は盛り上がれるし、初見さんなら「どうしてここでこうなる?」と突っ込みたくなると思います。どちらにしても面白いです。
個人的に一番「どうしてそうなった?!」と突っ込みたかったのは、滝沢様と健様が中央で太鼓を叩く演目です。当然、普通に太鼓を叩くわけがありません。
なぜ叩きながら上下に360度回転するのか・・
しかも周りのJrも、2人を囲んだ状態で寝転がり、さらに上半身を起こして太鼓を叩くという「太鼓腹筋」を披露する状態。
あと、健様の椅子を使ったショータイムは、椅子についた羽も手伝って、本当に天使のようでした。

ショータイムが約50分披露された後は、舞台上でのメイク披露

滝沢様と健様が、次の演目である「オリジナル歌舞伎」に備えて、舞台上に楽屋を再現して、一からメイクをしていきます。その間にJrから質問タイムがあったりします。私が行った回は「お互いのグループの好きな曲は何ですか?」でした。
滝沢様が、Jr時代にV6のバックをやっていた「ミラクルスターター」をあげていました。
他にもここで、かなり話してくれます。「話が長いから着席させるMCタイム」を想像してください。

オリジナル歌舞伎

元から歌舞伎を知らないこともあり、こういう歌舞伎もありだなと思って楽しく観劇。
そして30分の休憩を挟み、オリジナル鼠小僧の演目が行われます。

オリジナル鼠小僧

「笑いあり涙なし」がサブタイトル。Jrの子たちが、気持ち良い位にアドリブかましてくれます。滝沢様が鼠小僧なので、会場のあらゆる高所から降りてきたりします。気づいたら5m先にいらっしゃいました。ポニーテールが似合いすぎです。
全く飽きさせない脚本と、それぞれのアドリブで、会場内からは笑いや突っ込みが入ります。お客様もとても暖かいです。

最後は滝沢様作曲の歌をみんなで歌って踊ろう

覚えやすいメロディ、歌詞はステージ上のスクリーンに出てくる、リズムもゆったりということで、これは1番を聴いて覚えたら、2番からは踊ってみてもいいと思います。楽しいから。振り付けに手話が使われているのは、健様のアイディアなのでしょうか。

ラスト、ワイヤーですぐ近くに!

私がいた側には健様が!こんな近くで拝んだのはV6のツアー以来です!(興奮)(友人によると私が半泣きだったらしい)

今からチケットは取れないので、DVDで見るのをオススメします

私が見た前日は、キンキの光一様がご覧になっていたそうです。

こんな楽しい舞台を見せてくれて、ありがとうございました!友人共々、来年も行きます!

他にもお役立ち記事、あります

【レビュー】「ヒメアノール」 - あなたの名前を呼んでいいかな

 

広告を非表示にする