あなたの名前を呼んでいいかな

ワクワク人生攻略ブログ

「緊張しないで、どんどん好きな人のところに行くべき」と言ってくれた人

今週のお題「プレゼントしたい本」

1年と少し前、私はずっと大好きだった作家・田口ランディさんとお逢いする機会があった。
なんと写真も一緒に撮って頂き、当時新作だった本「ありがとうがエンドレス」にサインをして頂くこともできた。
作品のイメージから、大柄で強い女性のイメージが勝手にあったが、実際のランディさんは私より小さくて華奢で、妖精のように可愛らしい女性だった。
チュールスカートを履いていたこともあり、本当に妖精のようだった。
その後、懇談会でランディさんとお話する機会があり、夢のような状況だったが、私はあまりの嬉しさに混乱していた。
するとランディさんは、私を見て的確な言葉を放った。

「あなたは、有名人だけじゃなくて、例えば好きな男の人の前でも緊張して話せなくなっちゃうタイプでしょ?いい?話せないのはわかるから、とにかく笑うの!今から私がやる顔ヨガ、一緒にやろう!」と、顔の筋肉をほぐすヨガを教わりました。

口を「お」の形にして縦に開け、ほおをすぼめ、目をできるだけ見ひらくのです。
ムンクみたいな顔になれば成功。
しかもその状態で、目を笑ってみせるのです。眼筋が鍛えられまくります。
(今これをお読みの状況が、周りに人がいなければ、ぜひ試してみてください)

それを何回か本気で、ランディさんの眼の前でやってみて「顔疲れたー!ランディさんスパルタです!w」と笑顔になっている自分がいました。
するとランディさんは笑顔でこう答えてくれました。

「今の顔、すっごく可愛い。忘れないでね!あなたは緊張しないで、どんどん好きな人のところに行くべき」と。

ずっと忘れていたエピソードでしたが、こちらのエントリを読んで、ふと思い出しました。

がんばることに少し疲れた娘への母からの魔法「クレンズの魔法」 - ヒマワリのスカート

当時のサイン本は、未だに手元にあります。

ランディさん、当時より私は、いいとこ取りできるようになりましたよ。

オススメ記事
▶︎初めましての方に10記事用意してみました
▶︎はてなブログで「無料で」行った7つのカスタマイズ
▶︎健全なクラブ紹介システム、はじめました
▶︎【ミニマリスト】2泊3日・東京旅行への最小限持ち物公開

広告を非表示にする