読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの名前を呼んでいいかな

ワクワク人生攻略ブログ

「ファーストキャビン築地」が全力でミニマリストに勧めたいホテルだった件

宿を選ぶまでの経緯

今回の旅はオフ会がメインです。
「夜遅くに外出し、早朝に宿に戻り、シャワーを浴びたい」この欲求が叶えづらいゲストハウスは、宿候補から除外しました。
夜遅く、朝早くにガタガタ物音を立てて迷惑かけたくないですし、ゆっくり身支度したいですし、絶対シャワーは浴びたいし。
ゲストハウスの宿泊者と交流しなくても、オフ会で散々交流するし。
ホテルに滞在している時間はそんなにない。最低限の設備で十分なんだけどと考えていたら、こちらのホテルを見つけました。カプセルホテルです。

築地|施設一覧|ファーストキャビン FIRST CABIN ~飛行機のファーストクラスをイメージした新しいコンパクトホテル~

都内には、秋葉原、羽田、愛宕山、赤坂にも店舗があります

この中から築地にしたのは、
・成田空港からの高速バスが止まる銀座に近いこと(徒歩10分)
・オフ会を行う新木場ageHaへのアクセスが良好なこと
・築地に詳しい方がいらしたこと
が主な理由です。
基本設備はどの店舗もさほど変わらないようなので、目的地によってどの店舗に泊まるか決めても良さそうですね。

これだけ設備についてきます

キャビンウェア(寝間着)、使い捨てスリッパ、バスタオル、フェイスタオル、歯ブラシ、シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、綿棒、ドライヤー、カミソリセット、ヘアブラシ
<女性専用>洗顔料、メイク落とし、化粧水、乳液、コットン、ヘアアイロン

もうビジネスホテルと変わらなくないですか?
何もアメニティ持っていかなくてもいいんですよ?
くせ毛の私には、ヘアアイロンがあるのがとてもありがたいです。
しかも大浴場に入れる!ビジネスホテルのユニットバスじゃない!
綺麗に清掃された洗い場が6つ、4〜5人ゆっくり入れそうな大浴場が設置されています。
大浴場が苦手な方用か、外国人宿泊者の方用か、シャワーブースもありました。

キャビンの中はこんな感じ

f:id:cocoquet:20160926230401j:plain

ベッド(幅100cm)、寝ながら見られるテレビ(音はイヤホンで聞けます)、鍵付きセーフティボックス、電源2つ。
以上。
ミニマリストの部屋か!と突っ込みたいほど、必要なもの以外何もない!寝てテレビ見てスマホ充電するだけ!これだけあれば十分です。

f:id:cocoquet:20160926230656j:plain

お風呂、洗面所スペースは別になっております。寝床が狭い温泉に来たと思えばいいです。
服をかけるスペースも右側についています。ハンガー2つ分です。

貴重品入れはこんな感じになっています

f:id:cocoquet:20160926230528j:plain

どれくらいの荷物が入るのか、一番気になっておりました。
機内持ち込みOKなサイズのキャリーケースなら入りそうです。
2泊3日の私の荷物(リュック)は写真の通り、お土産を入れても余裕で入りました。
お土産袋が横に2つ入るくらいの大きさ、と言ったら想像つくでしょうか。

寝巻きの着心地が良かったです

このように上下に分かれているタイプだと、浴衣のように寝ていてはだけないので、お腹も冷えません。
パンツは7分丈くらいの長さでした。

f:id:cocoquet:20160926230837j:plain

お値段はビジネスホテルの2/3、ゲストハウスの2倍

大体の目安です。
・好きな時間に出入りできる
・男女のフロアが分かれている

f:id:cocoquet:20160926230949j:plain

エレベーター横に、女性客専用ICカードキーが設置されています。
7、8階が女性フロアなのですが、カードキーをかざさないと、
そのフロアの階数すら押せない作りになっていました。安心ですね。

・人の目線をそんなに気にしなくていい
・ホテルにいる時間は比較的短時間
・できれば湯船に浸かりたい
これらの条件を満たしてくれる、素敵なお宿でした。
また年明けに東京に来るので、その際も泊まります!

ゲストハウス・旅の極みシリーズ

▶︎日本のゲストハウスに向いている人へ、試しに一泊しちゃいなよ
▶︎東京で全泊ゲストハウスに泊まり、そこで友達になった女子とULTRA JAPANに行ってきた話
▶︎【永久保存版】2泊3日・東京旅行への持ち物+使える旅グッズ公開

広告を非表示にする