読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの名前を呼んでいいかな

ワクワク人生攻略ブログ

【エンパス・HSP】エンパスの人が、特に自己肯定感を高める必要性がある理由【重要】

f:id:cocoquet:20161009201223j:plain

最近、自己肯定感を高める記事ばかり書いているココです。
というのも、エンパスの人は「他人様の感情をよくも悪くもすべて受信してしまうので、それに応えて差し上げなければ失礼だ」という刷り込みがされている場合が多いのです(過去の私がそうでした)。
今褒めてくれ、とか、今かまってくれとか、ほぼすべての情報を受け取ってしまう体質なのです。はっきり言ってしんどいですよ。

他人様の期待に応える必要はない

冷たいようですが、あなたと私は他人です。
気乗りしない時はTwitterのリプライも流し読みしていいし、LINE既読スルーしてもいいのです。
エンパスであるあなたが一番大切にしなければならないのは、自分自身です。
(エンパスでない人もそうですけど、エンパスは特に自分を置いてけぼりにしてまで相手に尽くしたがる傾向があるので注意)

自分を優先してから相手を助けましょう

飛行機にのったことがある方なら、救命の仕方を見たことがあると思います。
まず自分にベストを着用して、酸素を確保した上で、お子さんを助けるのです。
自分が元気でないと、大事な人を守ることもできません。

そもそも「自己肯定感」ってなに?

「私ここにいていいんだ」という、丸ごと自分を受け止められることです。
少しくらい寝坊しても、仕事で失敗しても、そんなこともあるさ次頑張ろうと気持ちを切り替えて「ダメな自分だっていいじゃん」と己の存在を認められることです。
学生時代に「親や教師から100点以外の点数を認められなかった人」(私もそうですが)は失敗した自分=認めたくない=ひどい場合人格の解離が見られて多重人格を発症する危険性もあるので、熟練した精神科医やカウンセラー、またはあなたの信頼している友人の協力のもと、少しずつダメな自分にもOKを出していく練習が必要になってきます。

こちらの記事も合わせてお読みください

たった2つのことを試しただけで、周りの人が別人のように優しくなった経緯を書いています。実話です。

癖のある男性(妖怪)に搾取されているあなたには、こちらの本を読むのをお勧めします。キャッチーな言葉で妖怪男をぶった切り、いかにして離れるか、健全な自己肯定感を育む大切さを説いている本です。

 

広告を非表示にする