ココクロニクル

シンプルに楽しく、日々の生活を攻略していくブログ。頑張るよりも楽しんで!

羽海野チカさんの「ハチミツとライオンと」は、胸がふくふくする原画展でした

先日「ハチミツとクローバー」「3月のライオン」で有名な、羽海野チカ先生の原画展に行ってきました。その名も「ハチミツとライオンと」。
あまりにも衝撃を受けたのでレポートします。こちら出口にあったポップです。

f:id:cocoquet:20170813153420j:plain

ハチクロとライオンで絵の線が全然違う!

撮影禁止なので撮っていませんが、生原稿から伝わるハチクロは「癒しの空間」、ライオンは「戦いの空間」でした。
ライオンでも川本家を書いている時は、ハチクロモードが強いです。
展示されていた中に、島田さんの「生きてるって気がするぜえ」コマが入ったページがあったのですが、線がとにかく勢いありすぎ!
素人でもわかる、パワーが伝わってきます。
チカ先生が天才と言われる所以が、少しだけわかった気がしました。

ハチクロファン垂涎・野宮とあゆの「幻のスピンオフ原稿」が展示!

過去、雑誌「コーラス」に掲載されたきり、コミックには収録されていない作品があります。私はリアルタイムでコーラスを読んでたので、懐かしい!と思って読み直しました。
この話の主役は、野宮さんとあゆです。
16ページほどの短編なのですが、相変わらず甘酸っぱい切ないお話です。
それの生原稿が全ページ展示されてるので、これを見る(読む)だけでも行った方がいいよ!

チカ先生の「お話の作り方」まで丸っと公開してます!

ここまで公開しちゃっていいんですかー!?と思う内容の、ネタ帳展示や、お道具箱展示、話の組み立て方まで、ライオンの「某8ページを作るまで」を丁寧に説明してくれます。
8ページ作るのにこれだけ労力を割いてるんだ・・・そりゃ疲れるよねと思いました。
漫画家ってすごい体力勝負の職業だろうな。
絵の具パレットも展示されていたのですが、緑色だけで30色は載せてありました。
さらにそれを混ぜて、無限に色を作るのです。チカ先生の緑がまぶしい理由がわかった気がします。

会場限定グッズも買いました!

f:id:cocoquet:20170813153338j:plain

右から、はぐちゃんとあゆのメガネクロス、零くんの絵が入った付箋、ハチクロ大人組のポストカードです。全て合わせて1500円くらいでした。
中央の零くんは「・・・という訳で」まで印刷されてて、あとを自由に書ける仕様になっています。島田さんや連盟会長の絵柄も入っています。

チカ先生のご本はこちらから

他にも原画展に行った記事、あります

安野モヨコ原画展「STRIP」最終日に行ってきたよ! - あなたの名前を呼んでいいかな

モヨコ先生は「元気になる」原画展でした!パワーに圧倒されます!
原画展って、作家さんの個性が直接伝わりますね。