ココクロニクル

エンパス・HSP・非ADHDだけど特性ありな人の独り言(たまに骨格診断・旅行・可愛いもの)

【経験談】HSP・エンパスが辛くなったときの対処法

エンパス(カウンセラー診断済)かつHSP精神科医診断済)です。
私が過去10年以上やってきて、HSP特有の「無駄に敏感」その他の特性を使いこなす対処法を書いていきます。

f:id:cocoquet:20190107231445j:plain

ネットの使いすぎには「タイマー機能」を使おう

ただでさえネット依存、スマホ依存が多い現代。
わざとWifiの届かない地域に行く等しなくても、手軽にできるスマホ使いすぎ対策があります。
iphoneに標準装備されている「タイマー機能」を使い、SNSの類いは2時間(自分で決められます)以上使ったら「2時間経過しましたよ」と通知されるように設定しておきます。
必要なら「15分後に再度通知する」を選択して、また使えばいいんです。
使いすぎたかな、と思ったらそこで終了。
あと「おやすみ機能」も役立ちます。
HSP、エンパスは「TVやネットという外部媒体からも、他人の感情を拾いやすい」性質です。
ご家族で見ているTVなら、自室に行くといって離れる。
ネットは自分の意思でやめられる。
ご自分にとって心地よい情報を入手しましょう。

ノイズキャンセリングイヤホンを使おう

HSP、エンパスは、聴覚過敏を併せ持つ方が多いです。
今は色々なノイズキャンセリングイヤホンが出ています。
私は「ipodのヒーリング音楽を流して雑音を消す」ことをしていますが、音楽すら苦痛というときに、耳栓代わりになります。


仕事中・学校内なら、休み時間ごとにトイレに行こう

HSPは「一人になってボーっと、脳内の情報を処理する時間」が、非HSPの倍は必要です。
なので、非HSPの倍、トイレに行ってほしいです。
他の利用者の邪魔にならない程度に、こもりましょう。
トイレは汚くて嫌だという方は、清潔な「自分だけのスペース」を職場や学校内で見つけておきましょう。
これを書いている人は、学生時代、図書室にこもっていました。

目からの情報をメガネやサングラスで遮断しよう

私は、かなりの近眼かつ乱視です。
視力を矯正するメガネやコンタクトがないと、普通に生活することも難しいのですが、余りにも視力が良いと「自分にとって余分な情報まで入ってしまう」ことがあります。
そこでわざと、矯正力が弱めのメガネをかけておくのも手です。
人混みを移動するときは矯正力弱めのメガネ、仕事や勉強をするときは矯正力が強めのメガネと、2つ持ち歩く手もあります。
コンタクトを愛用している方は、メガネの代わりにサングラスで遮断する方法もあります。

ついついニヤけてしまう動画や写真を持ち歩こう

小動物が可愛らしいしぐさをする動画。
好きな芸能人が出ているYoutube
おいしそうな食べ物。
あなたの気分があがるものなら、何でもいいです。
他人のマイナスの感情をもらったときに、それを吹き飛ばせるくらい「頬がゆるむ」ものを持ち歩きましょう。
できれば写真より、動画の方がインパクトがあるのでオススメ。
無理なら写真でも大丈夫です。
プリントした写真でも、スマホに入れたデータでもいいです。
私は推しアイドル(アラサー男性)が、いちごパフェを運ばれてきて「なにこれー?!はじめまして!!」と驚く動画を入れています。

最近はパンダの赤ちゃんを並べるお仕事写真を見ています。
こちらの記事でまとめて見られます。

【パンダを並べるお仕事】四川省成都のパンダ基地にて、今年生まれた23頭のジャイアントパンダを初披露 - チャイプラ(*China News+)

深呼吸できないならまずは「息を吐こう」

これは精神科医にアドバイスされたことです。
とりあえず呼吸を吐くと、自然と吸えるようになります。
人間の体の仕組み上、そうなっているんです。
何秒吸って何秒吐いてとか、無理できない!と焦ったら、「息を吐いて」ください。
水泳の息継ぎが苦手な人にも有効です。

まとめ・HSPもエンパスも対処法はいくらでもあります

ここに書いた以外でも、先達たちの対処法がたくさんネットに転がっております。
HSPもエンパスも「体質」であり、いかようにも対処できると思っています。
この中であなたに見つかるものがあれば幸いです。