ココクロニクル

エンパス・HSP・非ADHDだけど特性ありな人の独り言(たまに骨格診断・旅行・可愛いもの)

「#ココライフハック」で発信した、ADHD気質お役立ちメモまとめ・前編

グレーゾーンですらないと診断されたものの、ADHD特性はありまくるため、日常生活を送るのが多少困難なココです。
Twitterで「#ココライフハック」とタグをつけて呟いていたら、意外とご好評いただいたので、まとめます。

聴覚過敏関連

こちらのイヤホンも良き。
あと、持っているイヤホンの密閉度をあげるには、普段より大きめの耳栓にするといいです。百均でも売っています。

日常を過ごしやすくするアイデア

私にとって、病院の会計は鬼門です。
お金はらいーの、レシートいれーの、処方箋うけとりーの、頭がパンクしてます。
おまけに後ろで待っている方々からの、無言のプレッシャー。
そこで、大きめのバッグを持っていき、受け取ったものを全て空いてるスペースにぶちこむ作戦に変更。
落ち着いてから中身を整理します。

ファッション・メイクのアイデア

モノが多いと、脳内で管理しきれなくて慌てるのです。
そのため、数年前から「1シーズン上下・各5枚+ワンピース1枚」を上限に設定しました。
ついでに予算も収入と相談して「年間12万円」に設定しました。
(靴は同計上、着やストッキング等は別計上です)
春夏秋冬でこの金額を割るのも自由、年1回だけお高めなコートに投資するのも自由。
通帳形のお小遣い帳に、何をどこで買ったか、メモしています。
同時にお迎えした服は、全て写真を撮るか通販サイトからスクショして、着回しアプリ「XZ」に入力します。
ここで「減価償却するまで着たか」をチェックします。
・・・細かい?

日経ウーマンでこの考え方を知りました。
「購入価格÷(月何回着るか×何月着るか)=1回の着用コスト」
これを200円未満にしましょう、ということが、以下に書いていました。

服は「1回200円」まで着倒す!【日経WOMAN17年10月号】:日経doors

例1・愛用しすぎて2代目の無印リュック
3000円÷(月2回×12か月)=125円
1年で使い倒してもコスパ良すぎということがわかります。

例2・某ブランドの変形スカート
20000円÷(月4回×12か月)=416円
既に減価償却していることがわかりますね。

例3・ZARAの骨格ストレート大勝利ワンピース
7000円÷(月1回×12か月)=583円
SNSでは「可愛いけどどこに着ていくんだ」とツッコミ祭だったワンピースですが、私は現場にも友人とのアフタヌーンティーにも、デートにも着ていきました。
多分月イチペースで着ている。

顔面に統一感を出すため、パレット使いがオススメです。
何も考えなくても、そこそこオシャレな顔面ができあがります。
なので、相当メイクに自信のある方やメイクが趣味という方以外は「店員さんがアドバイスしてくれるお店」で一式買われた方がいいと思います。
高くなくていいんです。
可愛い系ならエチュードハウスとか、自然派ならファンケルとか、お姉さんメイクならオルビスとか、デパコスほど高くなくても丁寧にカウンセリングしてくれるブランドは、たくさんあります!
ちなみにTwitterにも書きましたが、私は現在、THREEが2019年末に出したクリスマスパレットを愛用しています。
買う気なかったんですけどね。
タッチアップしてもらった瞬間に、顔が別人のように垢ぬけたんです。
薄づきなのに。

一気に捨てたら逆に健康になりました。
プロの意見を聞くのって大事ですね。 

まとめ

人によってどこが苦手か違いますが、私のアイデアが誰かの役に立てばうれしいです。